その予算で大丈夫?注文住宅に必要な資金とは?

注文住宅にかかる主な費用とは

注文住宅を建てる際にかかる主な費用は二つに分けられます。一つは住宅の設計と建築にかかる費用です。住宅業者に相談して設計をしてもらい、契約をして建築をしてもらうというのが一般的な流れです。大抵の業者では設計から建築までを全て一つにまとめた料金プランを設定しています。もう一つは住宅を建てる土地を購入するのにかかる費用で、もし土地を持っているのならこの負担はありません。土地が必要な場合には不動産業者に相談して土地探しを行い、仲介を受けて土地を買う手続きが必要です。一般的には注文住宅を建てるときに両方を同時並行で進めていきますが、住宅や土地の一方にこだわりたい場合には先に片方だけ決めることもあります。

注文住宅を建てる資金の相場

注文住宅を建てるときに必要な資金はどのくらいなのでしょうか。相場が知りたいと思うかもしれませんが、実は注文住宅を建てる費用は千差万別です。土地が必要かどうかで数千万円の違いが生じることが多いですが、住宅の設計と建築にかかる費用だけでも1000万円くらいから一億円くらいまで幅広くなっています。一般的な住まいの場合には土地と住宅を合わせて4000万円から7000万円くらいで注文住宅を建てているところが多いようです。ただ、土地があるケースでは1000万円程度で済ませることも可能です。土地にこだわるとそれだけで1億円前後の費用がかかる場合もあります。予算との兼ね合いをよく考えて、どのくらいの割合で費用を配分するかを決定するようにしましょう。

2000万の家はローコスト住宅に位置付けられ、建物の形状や間取りをシンプルにしたり付帯工事を削減するなどコストを抑える工夫が施されています。