賃貸住宅選びは周辺環境もチェックも忘れずに!

賃貸物件選びは総合的に見ることが大事

一度借りたら数ヶ月から数年は住むことになるのが賃貸物件です。そのため、よく賃貸物件選びをしないと、入ってから直ぐに引っ越したいと思うようになったり、実際に引っ越しをすると引っ越し代金が高くついたりします。入居してから困りたくない方は、総合的に賃貸物件を見て判断していきましょう。どんなに気に入った長所のある物件だったとしても、短所が致命的だとそれが台無しになってしまうことも多いです。また、特に周辺環境が短所になりやすいので、これから物件選びをする方は、周辺環境のチェックは入念に行うようにしましょう。物件の紹介ページには書かれていない部分は要注意です。

周辺の施設、隣人、音や臭いを見る

周辺環境といっても色々ありますが、具体的には周辺の施設、隣人、音や臭いがポイントになってきます。周辺の施設については、自身がよく利用する施設が近場にあると困りません。コンビニエンスストア、銀行、スーパー、娯楽施設など、自身の生活スタイルを見直しつつ調べていきましょう。

そして、物件情報に書かれていない重要なポイントが隣人の存在です。物件情報にうるさい隣人ありと、流石に不動産会社も書くことは出来ませんので、そこは自身で内見をして確かめたり、周辺の口コミなどで調べる必要があります。その他、空港などが近くにある場所では航空機が通過する騒音が気になることもありますし、近くの用水路が臭う場合なども考えられます。物件情報だけでなく、周辺環境も調べるのは大変ですが、多少の労力は払ってでも見ておいたほうが後々助かったりします。

真冬は厳しい寒さが続くという地域の特性上、小樽の賃貸は防寒対策が整っている物件が多いのが特徴となっています。