共有部分の環境が暮らしを左右する!?見学時のチェック箇所

共有部分の管理をチェックして賃貸住宅を選ぶ

自分の部屋は自ら掃除をして、快適に過ごせる住まいをつくることはできますが、賃貸住宅の建物の共有部分は建物の管理会社が行います。いくら自分の部屋をいつでもキレイな状態にしていても、共有部分が不衛生であれば気持ちのいいものではありません。通行する場所があちこち汚れていたり、ゴミが散乱していたら誰でも嫌ですよね。ですから、賃貸住宅の見学に行くときは、建物の共有部分のチェックを忘れずにすることが大切なポイントです。部屋だけを重視して物件を決めてしまわずに、共有部分の清掃が行き届いているかをよく確認してみてください。建物の雰囲気が良くて、ちゃんと管理がされている建物を選ぶようにしましょう。

共有部分の見ておきたいチェックポイント!

共有部分というのは、エントランスや廊下、階段やエレベーターなどのことです。賃貸住宅の見学の際は素通りしてしまいがちな場所ですが、足元を見てゴミが散らかっていないか、壁や天井まで見渡してキレイかチェックします。そして、見過ごすことが多いゴミ置き場や駐輪場にも足を運びましょう。ゴミ置き場に生ゴミなどが散らかっているとカラスや小動物、害虫が寄ってきやすくなるので衛生面でよくありません。よく利用する場所になるため、管理されているか見ておきましょう。駐輪場の清掃が行き届いているか、整理整頓されているかも建物の管理体制のチェックポイントになります。ゴミや使用していない古い自転車やバイクが置かれていると利用しにくいですし、部外者からの不法投棄を招く恐れもあります。

江別の賃貸は北海道江別にある賃貸物件のことを言い、例えば、住居用のアパートやマンションを始め店舗用の物件などを言います。