何とかなるかも?利用頻度が少ない賃貸の設備

お部屋選びに困ったら引き算するのも有効!

「あの物件もいいし、この物件も捨てがたい」と、魅力的な部屋に出会いすぎると最終決断に頭を悩ませますよね。そんなとき、「自分が欲しいものを多く備えているかどうか」という視点だけでなく、「自分にとっては不要になりそうなものが少ないかどうか」という引き算の視点で選んでみるのもいいですよ。実は賃貸住宅には「使いそうであまり使わないもの」が結構あったりするんです。ぜひ参考にしてみてください。

お風呂の追い炊き機能

お風呂に入るのが好きな人にならとてもありがたい機能ですが、普段からシャワーだけで済ませることが多い人には必要性がありません。また、水道光熱費を節約したい人にとっても、使うのにちょっと勇気のいる機能でもありますよね。

キッチンの床下収納やロフト

実は使いどころが結構難しいのが床下収納やロフト。床下収納であれば荷物を持ちながらしゃがんだり、かがんだりする必要があり、ロフトであれば荷物を持ちながら梯子や階段を上ることが必須です。軽い物ならともかく、重い物を出し入れするには体に負荷のかかる体勢であるのは間違いありません。収納できるものが限定されると、いつのまにか利用頻度も減ってしまうものです。

インターネットの光回線

自宅でインターネットを楽しむならとても便利な設備ですが、最近はパソコンを持たずスマホだけの人も増えています。スマホのプランによっては大容量のギガを使えたり、動画サービスが見放題だったりする場合もあるので、必ずしも光回線が必要ではないかもしれません。また、賃貸物件でネット回線が使い放題の場合、共益費にその分の費用が上乗せされているケースもあるので、家賃をできるだけ抑えたい人にとっても考慮してみる余地がありそうです。

札幌市中央区には市の中枢機関が集中しています。札幌中央区の賃貸では、マンションタイプなどのスタイリッシュな物件も数多く、70000件以上の物件から選べます。