考えておきたい!賃貸オフィスのメリットとデメリット

賃貸オフィスの魅力とメリット

国が起業を後押しする流れもあり、会社を設立することは資金面でもハードルが下がりました。そして、事業を支障なく行うためには、オフィスを構えることが大切です。会社を始めた当初や小さいオフィスで十分な場合によく検討されるのは賃貸オフィスですが、特に資金面でメリットがあります。オフィスを開設するには、机やいす・書棚などの備品類とともに複合機やパソコンなどを用意するといった初期費用が意外にかかるものなので、保証料や家賃のみでオフィスを持てることには大きなメリットがあります。

また、これから知名度を上げたい会社は、東京など大都市圏にオフィスを持つことで信用力を上げることもできます。大都市圏に自前のオフィスを持つことは資金的に難しいことが多いため、賃貸オフィスが魅力です。加えて、賃貸オフィスは比較的自由にレイアウトを行うことができるので、レンタルオフィスと違い、自社の個性をオフィスで表現できます。

よく考えたい賃貸オフィスのデメリット

メリットや魅力が多い賃貸オフィスですが、考えておくべきデメリットもあります。その一つは、固定費が増加することです。家賃は毎月発生するため、利益を出すためには自前でオフィスを持つ会社よりも売上を多く上げる必要があります。また、家賃はその地域の人気やインフレなどの影響で高騰する場合もあります。そして、事業がうまくいき、オフィスが手狭になった場合は移転を検討する必要も出てきますが、その際には原状回復が必要になったり、移転のための手続きや関係者への通達など、様々な費用や時間的コストが発生します。

中央区で賃貸オフィスと言えば、その周辺は証券会社や中央卸売市場などの中央商業地域として知られているため、来客や外出の多い職種の人が借りることも多いです。