どんな物件なの?賃貸はある?テラスハウスについて

テラスハウスとはどんな物件?

テレビ番組の影響で、大きな家で共同生活できるシェアハウスのことをテラスハウスだと思っている人が多いかもしれません。しかし、実際のテラスハウスとは連棟式住宅とも呼ばれ、複数の住宅が横に連なって建てられている物件をいいます。昔でいう長屋もテラスハウスの一種です。一般的にテラスハウスは二階建ての建物で各住宅は土地に接地し、家と家は壁を隔てて連なっています。戸建てとの違いは隣の家と壁を共有していることで、アパートやマンションとの違いはエントランスや階段、廊下などを共有しないことです。

テラスハウスのメリットデメリット

テラスハウスのメリットは庭やテラスなどもついていて独立したスペースで生活できるため、戸建てに住んでいるような感覚になれることです。二世帯住宅にするのではなくテラスハウスの同じ棟を二世帯購入すれば、プライバシーも確保されます。テラスハウスは建てる際にコストを抑えられるため戸建てよりも安く住め、これもメリットのひとつです。デメリットは、隣の家とは壁1枚だけの隔たりのため隣家の音が気になることです。また、隣と接している壁には窓をつけることができないので、窓の数も少なくなります。

テラスハウスの賃貸は?

テラスハウスにも賃貸物件はありますが戸建てやアパート、マンションに比べると数は多くはありません。賃貸のテラスハウスでは2DKや2LDKの物件が多くカップルや夫婦、子どもが1人の3人家族で暮らしていることが多いです。家賃は前述したように戸建てよりは安価で借りられますが、アパートよりかは割高になります。

千歳の賃貸では、アクセスが良く、賑わっている駅周辺の物件が狙い目です。繁華街から離れ、静かな地域で暮らすのも良いですが、車がないと買物や病院などへ出かけることが大変な場合もあるので注意が必要です。