生活動線を意識した注文住宅の間取りの考え方

生活動線を意識しよう

注文住宅の間取りを考える際には、そこで暮らす人々の生活動線を意識することが重要になります。生活動線が複雑に入り組むような間取りにしてしまうと、生活するにあたって余計なストレスを受ける可能性がありますので、間取りを決めるにあたってはなるべく動線がシンプルになるようにしなければなりません。そのためには、施主だけでなく、家族の目線に立って間取りを検討する必要がありますので、まずは家族会議を行うなどして、全員のイメージを共有するようにすると良いでしょう。

キッチン周りの生活動線

キッチン周りは、なるべく移動せずに料理ができるような間取りにすることが理想です。必要以上にキッチンを広くしすぎるとかえって使い勝手が悪くなってしまうおそれがありますので、キッチンの広さは3畳程度にし、冷蔵庫、作業場、コンロの位置をなるべく近付けるようにすると良いでしょう。パントリーを設ける場合は、そこから作業場までスムーズに移動できるような配置にすることがポイントになります。

洗濯を意識した生活動線

炊事と並んで負担の大きな家事の一つが洗濯です。洗濯機から洗濯物を取り出して、ベランダで干し、それを取りこんで収納場所に入れるまでの一連の動作がスムーズに行えるような生活動線を意識した間取りにすることで、洗濯の負荷を軽減することが可能になります。例えば、重い洗濯物を持って階段を上り下りしないで済むように、あえて洗濯機を設置する洗面脱衣所を2階に配置するというのも一案です。

そろそろ神奈川で住宅を建てたい・インテリアや家具などにこだわったオンリーワンの住宅が欲しいとお考えの方。神奈川の注文住宅があなたの理想の暮らしを現実にします。