賃貸住宅の設備面はここに注目!重要な2つの設備とは?

バルコニーよりもベランダがおすすめ

賃貸住宅を選ぶ時には、バルコニーよりもベランダがある物件を選びます。この両者似ているようで、少しだけ違う点があります。では、何が違うのかと言うと屋根があるかないかです。ベランダは、屋根があるので雨が降った時に洗濯物が濡れにくいメリットがあるでしょう。例えば、朝晴れていて洗濯物を干したまま出かけた場合、出かけている途中で雨が降る時もありますよね。その時、屋根がないバルコニーだと洗濯物が濡れてまた洗濯しなければいけないです。

しかし、ベランダだと屋根があるので濡れにくく安心して洗濯物を干したまま外出できます。特に、家族世帯で洗濯物が多い家庭は屋根がないバルコニーだとかなり不便でストレスが溜まります。

トイレとお風呂が別々の物件を選ぶ

賃貸住宅の設備面で重要になるのは、トイレとお風呂の造りです。物件によっては、ユニットバスになっているパターンもありますよね。ユニットバスとは、トイレとお風呂が一緒になっている造りでどうしてもスペースが狭いです。お風呂に入る時には、髪や体を洗いますがそのスペースを確保しにくくかなりストレスを溜めながら髪や体を洗うことになりますよね。しかし、トイレとお風呂が別ならお風呂の空きスペースが広くて快適に体や髪を洗う事ができるでしょう。

最近は、トイレとお風呂が別になっている物件が多くなっていますが古い賃貸住宅を中心にユニットバスになっている場合もあるので、必ずトイレとお風呂がどのような造りになっているのか間取り図を見て確認します。

仕事の都合などで長期滞在が必要になったときに、移住をサポートする団体が運営する施設を利用して、函館の賃貸物件の情報が得られます。